本文へスキップ

佐野市サッカー協会はサッカーを通じて様々な分野で、社会貢献活動を行い、「夢・感動・絆」が得られるような地域づくりを目指している団体です。

TEL. 0283-23-1961

〒327-0843 栃木県佐野市堀米町3280-1

高校部(第2種)THE 2nd CLASS

新着情報(ブログ)
近日公開予定。
3種及び4種との連携
世界で戦える選手の育成に欠かせないもの。
ユース審判員の育成・指導
あらゆる側面から選手に刺激を与え、内容だけでなく結果にもこだわって育成・強化するために。       
2種は育成のまとめの年代
これまで培ってきた育成のバトンの想いを引き継いでいく。

○○○○○○○○イメージ

「3種及び4種との連携」

この年代の育成には3、4種との連携が欠かせません。種別を超えた指導者研修会や指導実践を取り入れて、多くの指導者がひとりひとりの選手を見られるような環境づくりにも力を入れています。さらに将来選抜チームのスタッフになりうる指導者の育成や、指導者のリーダーとなるインストラクターの育成にも取り組んでいます。


     ○○○○○○○○イメージ

「ユース審判員の育成・指導」

 審判委員会と連携してユース審判員の育成・指導にも尽力しています。昨年度(2014年)は4級新規登録者が325名、3級新規登録者が5名でした。
 他都道府県の地区協会と比べるとまだまだ数は少ないのですが、ユース審判員の活動の場を確保し、継続した育成・指導を行うことで上級審判員を増やし、国際審判員の誕生につなげたいと考えています。

 今後も他の委員会との連携を図りながら、選手の育成・強化、そしてサッカーファミリーの増加に向けて取り組みを進めていきます。


2種年代は育成のまとめの年代

○○○○○○○○イメージ

「育成のまとめ。」

 佐野市では、2種年代(U-18)を育成のまとめの年代として位置付けています。2006年に国民体育大会(国体)・少年男子の対象年代がU-16になりましたが、将来SAMURAI BLUE(日本代表)で活躍する選手の輩出や世界で戦うことのできる選手の育成にはこの年代が重要であると考え、育成に取り組んでいます。

 佐野市では、育成については各選手の所属チームにおいて人間教育と各々の技術向上に励んでいます。クラブチームと高校体育連盟(高体連)所属チームが連携して選手を育成しています。選手たちも誇りや自覚、高いモチベーションを持って活動しています。