本文へスキップ

佐野市サッカー協会はサッカーを通じて様々な分野で、社会貢献活動を行い、「夢・感動・絆」が得られるような地域づくりを目指している団体です。

TEL. 0283-23-1961

〒327-0843 栃木県佐野市堀米町3280-1

女子サッカーWOMAN'S SOCCER

女子日本代表へのスタート
佐野市サッカー協会の女子サッカーへの取組み。
想像以上にと楽しい
男子の楽しむスポーツと思われがちですが、実はやってみると印象はだいぶ変わります。
キッズ&なでしこサッカーフェスティバル
男子と一緒にサッカーを楽しむきっかけになるイベントです。

女子サッカーの現状と今後の取組み

プレイヤーズ・ファースト

「女子日本代表へのスタート」

女子日本代表の活躍により、「なでしこジャパン」が注目される様になり日頃より地道に女子サッカーを推進してきた活動も、少しずつですが皆様に広く認識されているのを感じられる様になってきました。
 しかしながら、佐野市では子供の人数が減少傾向にあり、男子でさえ人数確保が難しい現状です。今後とも引続き、男女の共存を考えていく事は必須だと思っています。
 本年度に行われた「キッズ&なでしこサッカーフェスティバル」は、地元の各少年サッカーチームの多大なるご協力により。男女を問わず大いに楽しめる収穫の多いイベントとなりました。
 女子だけでなくキッズとの融合で見えてきたもの、足りなかったものなど、反省点は多くありましたが、このようなイベントを積極的に行なっていけば、サッカーの魅力を理解できる女子も増えていくと思います。
 現在、佐野市には小、中学生年代には女子だけのサッカーチームはありません。高校で佐野東高校に「女子サッカー部」があるだけです。少年のクラブチームで男子と一緒にやっている子や中学校のサッカー部に在籍している子、佐野SSSの女子部でサッカー教室的に活動している子だけなので、将来的には、佐野のサッカー経験者の女子が指導者になるようになった時に、女子だけのクラブチームが出来るのが理想です。その為には、女子の底辺拡大や普及をこれからも継続していく事が必要だと思います。
                             佐野市サッカー協会女子部 星野 知子


○○○○○○○○イメージ

「想像以上に実は楽しい女子サッカー」

「気軽に参加できる」
サッカーの魅力は気軽に参加できること。ボールを蹴ることで仕事で溜まったストレスも解消できるし、適度な運動で体を動かせるので健康にも良い。「手を使っちゃだめ」くらいのルール認識で初心者でも気軽に参加できます。ストレスを解消しながら気持ちよく汗をかくことで、年齢よりも若々しくいられるという人が多いの特徴です。佐野市では、フットサルコートが2カ所あり、個人参加も随時受け付けていますので、気軽に参加できます。

「ゴールを一緒に喜び合える!」
もちろん、自分でゴールを決めることも最高に気持ちいいですが、サッカーはチームスポーツですので、仲間が決めたゴールも心から喜ぶことができます。普段ではなかなか味わうことのできない無心状態の喜びです。一生懸命に走って、守って、そんななかで生まれるゴールのなかには、テレビや小説では味わうことのできない奇跡的なゴールもあります。その瞬間に立ち会うことができるのもサッカーの醍醐味です。
「見た目がファッショナブルに」
各種ブランドが、昨今の女子サッカーの盛り上がりに注目し、女性アイテムに力を入れてきました。
おしゃれでかわいいデザインが増えてきて、なおかつサッカーらしさのある服装は、着ているだけで元気がでます。シューズも黒一色でなく、女性らしいピンクや、ドット柄など、従来では考えられないような楽しいアイテムが沢山あります。街にいけば、充実した品揃えに心が躍ります。

「サッカーを通じて仲間が増える」
普段出会うことのないシュミ仲間が増えます。同世代の人だけでなく、いろいろな世代の人たちと出会えるのもいいと思います。最初は『人見知りなんです』と言っていた人でもすぐに仲良く、明るくなる人が多いです。サッカーは、同じシュミを持つ仲間を増やす機会がたくさんあります。みなさんも「女子サッカー」で仲間を増やして、心も体も充実させてみてはいかがでしょうか?


キッズ&なでしこサッカーフェスティバル

○○○○○○○○イメージ

「とっても楽しいキッズと女性ためのプログラム。」

 キッズ&なでしこサッカーフェスティバルは、みんなで仲良く協力しながら、ミニゲーム(少人数の試合)やシュート、パス、ドリブル競争などのプログラムを通して、一緒に汗を流す、とっても楽しいプログラムです。

 サッカーを始めたばかりの小さな女の子や、普段子どものサッカーの応援をするお母さんも一緒にサッカーを楽しみます。
 このフェスティバルの実施にあたっては、FIFAグラスルーツフェスティバルの考え方が取り入れられ、栃木県サッカー協会のアドバイスのもと、協会の技術、女子、キッズの活動に携わるスタッフを中心に準備を進めてきました。

 試合だけを行うような従来のレディース/ガールズサッカーフェスティバルと異なり、小さいピッチでの少人数の試合の合間に、初心者でも経験者でも楽しくサッカーのスキルを身につけられるパートを設け、地元の高校生女子スタッフが各パートをサポートしてくれました。

 フェスティバルの最後には全員集合し、かんたんなレクリエーションゲームを行い、勝者にサッカーボールをプレゼント。賞品にサッカーボールがあります!というと、会場は一気に盛り上がりました。

 キッズ&なでしこサッカーフェスティバルは、今後も開催を予定しています。